がんの診断は、どのように進められるか?

がんの診断は、どのように進められるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

変異した一つの細胞が、驚異的な勢いで増えていき、原発がんが形成されます。成長した原発がんから、腹膜や胸膜に細胞が漏れ出したり、剥がれ落ちたがん細胞が血管やリンパ管に入り込んだりすることで、他の器官や臓器にもがんが転移してしまうのです。

 

がんが疑われると、医者は精密な検査を行います。間接診断、直接診断の中から患者の負担の少ない順に行い、その結果をもとに慎重に診断を下します。通常患者負担の軽い問診からはじめます。症状、経過、病歴、がんの遺伝的要素があるかどうかなどを確認していきます。

 

がんの診断は、どのように進められるか?

 

次に、MRIやX線などで画像診断をします。腫瘍は組織が密になっており、血流が多くなっていたり、石灰化していたりすることがあるので、その様子を確認します。画像の形状から、がんを診断する方法がある一方、がん細胞特有の動きに着目した診断方法も行われています。例えば、PETがそのひとつです。

 

がんは、大量の栄養素を必要とするので、ブドウ糖などの栄養分を患者の体内に入れると、がん細胞に集まっていきます。このときに、ブドウ糖に放射性物質を付けておくと、放射線の集まっている部分ががんであるとわかるのです。ただし、がんの成長が遅い場合、もともと栄養の集まる肝臓や胃などの臓器では、正確な判断が難しいです。

 

このような診断を間接的診断といい、この結果がんが疑われると、しこりから組織を直接採取し、病理医が顕微鏡で観察することで、最終的に良性なのが悪性なのかを判断します。このことを直接的診断といいます。

 

がんの進行度を示す病期について

 

がんの診断が確定されると、次に進行度を判断します。がんの種類によって違いがあるものの、進行度は病期で分類されます。多くのがんは、国際がん連合のTNM分類に準じています。T(tumor)は腫瘍の大きさ、浸潤度、N(node)はリンパ節への転移状況、M(metastasis)は他の臓器や器官への遠隔転移状況について表し、治療方針を決定する上でこの分類が重要となります。

 

病期0

非常に早期のがんです。上皮内がん、非浸潤がんといわれる早期のがんで、がんは発生した上皮にとどまっている状態です。

 

病期T

早期がんです。まだ腫瘍が小さく、近隣の組織に広がっていない状態です。

 

病期U

早期がんです。腫瘍が小さいものの、がんは近隣の組織や、近くのリンパ節に広がり始めています。

 

病期V

進行がんです。腫瘍が大きくなり、接している臓器まで広がっています。

 

病期W

全身転移がんです。腫瘍が遠隔臓器やリンパ節にまで転移してしまっている状態です。


このエントリーをはてなブックマークに追加