ガンにおける放射線治療とは?

ガンにおける放射線治療とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

放射線治療は、手術と同じく局所療法です。放射線は高エネルギーの電磁波や粒子の流れですが、がんの治療には、電子線、ガンマ線、X線がよく使われます。ガンマ線、X線は波長が短いのでエネルギーが高いとされています。

 

ガンにおける放射線治療とは?乳がんや肺がんなど。

 

ガンマ線やX線の光は目には見えませんが、分子や原子にぶつかることによって電子をまわりに跳ね飛ばす電離作用を起こします。この作用によって生まれたイオンや電子が、がん細胞のDNAの分子を修復不可能にまで破壊すれば、細胞は死滅します。

 

放射線は、活発に分裂を繰り返している細胞の破壊に効果的です。細胞核の中で折りたたまれているDNAが、分裂中は解けているので破壊されやすく、修復も難しくなるためです。

 

がん細胞は、正常な細胞よりも活発に分裂するので、放射線がよく作用します。一方、放射線は正常な細胞をも傷つけてしまいます。放射線治療を複数回繰りかえすのは、傷ついた正常細胞が回復する時間を確保するためです。

 

 

一方、がん細胞は回復する力が弱いので、タイミングを見計らって次の放射を行なうことで、正常細胞をなるべく減らさずにがん細胞を死滅させるのです。以前は放射線治療といえば、手術前後に小さながんを殺して再発を防ぐ、という補助的な治療でしたが、現在ではがん局部に集中して照射できるようになったため、放射線単独で治療したり、あるいは抗がん剤と併用治療したりすることで、がん根治も可能になってきました。

 

放射線治療は、同じ局所療法の手術よりも患者の身体的ダメージが少ないというメリットがあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加