放射線治療の方法について。

放射線治療の方法について。種類や副作用について。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

放射線治療では、がんに照射する放射線量を多くするとがん細胞殺傷力が高まりますが、一方患者の放射線被ばくも多くなり、副作用も大きくなります。最近ではがん腫瘍のみに照射することにより、正常な細胞にダメージを与えることなく、治療効果をあげることができるようになってきました。

 

放射線治療の一つ、定位放射線照射はピンポイント照射とも呼ばれ、腫瘍に放射線を集中照射します。頭部のがん治療に取り入れられたガンマナイフという、ヘルメット型の装置の中で放射線を受ける方法は、高い精度で強い放射線を受けることができるので、まるでがんをナイフで切り取るかのように治療効果が高いといわれています。この定位放射線照射は頭部だけでなく、体の他の部位にも行われます。

 

放射線治療の方法について。種類や副作用について。

 

最新の放射線治療では定位放射線治療がさらに進化した、強度変調放射線治療(IMRT)があります。放射線強度をコンピューターでコントロールすることで、より精度が高まったもので、日本では前立腺がんの治療を通して徐々に普及しています。

 

その他、手術中にがんと周辺に放射線を照射する術中照射や、放射性物質を直接体内に入れて、がんの近くから照射するという方法もあります。放射線治療の中には「粒子線治療」といって、陽子や炭素などの粒子を、粒子加速器を使い、スピードをあげてがんに照射する方法もあります。

 

X線や、ガンマ線などの放射線治療が、がん以外の組織にダメージをあたえてしまったり、がん腫瘍に届かなかったりと、エネルギーの調整が難しいのに対し、粒子線治療では、エネルギーを調整することができるので、がんのみに放射線を集中することができます。がんがまだ小さく、まわりに放射線に弱い組織があるときに、効果がある治療法です。


このエントリーをはてなブックマークに追加