年を取るとガンになりやすくなる

年を取るとガンになりやすくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加  

一般に腫瘍というと、身体にできるこぶ状の固まりのことですが、医学上では、「遺伝子変異により過剰に増殖していく細胞の固まり」とされます。腫瘍は良性と悪性に区別され、良性は成長がゆっくりで、ある程度大きくなると成長が止まることが多く、一度取り除いてしまえば心配はいりません。

 

一方、悪性は成長がはやい上、限りなく成長し続けます。転移の可能性があり、取り除いても再発することがあります。また、転移によりさらに悪性化するのも特徴です。放射線治療や抗がん剤に対し耐性ができるので、治療を行うほどに効果が得られなくなっていきます。

 

年を取るとガンになりやすくなる

 

日本国内では1981年以降、がんが死亡原因の第一位となり、一年間のがん死亡者数は増えていっています。戦後、抗生物質の開発によって、結核などの感染症で亡くなる人が減った上に、高齢化が進んだことが理由のひとつです。

 

統計では、2005年にがんを発症した人は男性39万人、女性20万人、2009年にがんで死亡した人は男性21万人、女性14万人にのぼっています。日本人が一生のうちでがんを発症する確率は50%といわれています。がんは加齢とともに起こる病気の一つで、50歳以降患者数が増え、高齢になるほどその数は増えていきます。

 

 

全体の90%以上は、遺伝とは関係のない散発性のがんです。がんは遺伝子の変異によって発生しますが、高齢になれば、細胞分裂の回数とそれに伴う変異の可能性も増えていきます。さらに加齢とともに、遺伝子をもとの形に修復する力も弱くなり、変異しやすくなっていきます。つまり加齢にともないがんになりやすくなるのは当然のことなのです。

 

高齢者のがんでは、不必要な苦痛を与えぬよう、余命も考慮にいれた治療計画を立てなければなりません。中には「天寿がん」と呼ばれる(超高齢者の前立腺がん)、苦痛も少ないままに、天寿をまっとうするかのごとく命の終わりを迎えるがんもあるくらいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加