細胞の分裂回数計のカウンターをゼロにする遺伝子

細胞の分裂回数計のカウンターをゼロにする遺伝子

このエントリーをはてなブックマークに追加  

多くの正常な細胞は、永久に分裂することはできません。例外としては、組織の再生や胎児の初期発生にかかわる「幹細胞」とよばれる細胞があります。では、それ以外の細胞はどうやって自分の寿命を推し量るのでしょうか?

 

同じ種類の細胞を違う条件のもとで培養すると、細胞の分裂する速度に違いはあれど、分裂できる回数にはあまり違いがありません。つまり、細胞の寿命は分裂の回数によってだいたい決まっていると考えられています。

 

分裂回数の“カウンター(回数計)”としてのはたらきをするのは「テロメア」です。染色体をつくるDNAの端の部分のことをテロメアといいます。この部分には6文字からできている同じ暗号(塩基配列)が延々と繰り返された部分があり、その長さは細胞が分裂するたびにだんだん短くなります。そして、一定の長さになると、その細胞はそれ以上分裂できなくなります。

 

細胞の分裂回数計のカウンターをゼロにする遺伝子

 

ではなぜ、幹細胞の分裂には制限がないのでしょうか?それは、このような細胞は、テロメアを元の長さに伸ばす酵素(テロメラーゼ)をつくることができるからです。これらの細胞が分裂しても、酵素がはたらいてテロメアは即座に元通りの長さに伸びるため、分裂回数を示すカウンターはいつも「ゼロ」の状態のままなのです。

 

実はがん細胞もこれと同じ性質をもっていると考えられています。がん細胞の多くで、テロメアを修復する酵素の遺伝子のスイッチが入っていることが分かっています。なので、がん細胞の分裂回数を示すカウンターは分裂ごとにゼロになり、つねにその状態を保っていると考えられます。つまり、細胞に寿命がないのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加