細胞を自殺させる遺伝子

細胞を自殺させる遺伝子

このエントリーをはてなブックマークに追加  

人間をはじめとする生物がたった1個の受精卵から生まれて育っていくときや、成長の後に体を正常に保っていくときには、細胞の増殖を制御するしくみがとても重要になってきます。同時に、いらない細胞を積極的に排除していくしくみも重要なのです。

 

たとえば胎児の手の先は、一番最初は「うちわ」のような形をしています。しかし、その後発生が進むにつれて、指の間の細胞が死亡してなくなっていき、最終的に手のひらの形となります。

 

細胞を自殺させる遺伝子

 

このように、細胞が“計画的に”自殺していく現象のことを、「予定された細胞死(アポトーシス)」といいます。細胞の自殺は、個体が発生するときに限らず、おとなになってからも、体のいろいろなところで起こっています。

 

たとえば、風邪などの感染症が治り、用が済んだ免疫細胞には、細胞の外から「自殺しなさい」という命令が届き、また細胞の中の遺伝子が傷つくなどの問題が出てきたときには、細胞自身が自殺の引き金を引きます。

 

 

ある種類のがん抑制遺伝子は細胞に自殺をすすめます。たとえば、多くのがんで変異が見つかる「p53遺伝子」は、DNAに傷がついたときなどにはたらきはじめ、最初は細胞分裂のブレーキをかけ、それと同時に傷の修復機構のスイッチをONにします。

 

しかし、損傷がひどくて修復ができない場合には、アポトーシスによって細胞を自殺させます。このような遺伝子に変化が起こり、細胞死のシステムがにぶくなると、細胞のがん化が促進されると考えられています。

 

 

一方、がん遺伝子のあるものは、細胞が自殺する過程を抑制します。細胞が死にたくても死ねないように、あるいは死なないようにして、細胞をがん化へと導くのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加