血管をつくり出す遺伝子

血管をつくり出す遺伝子

このエントリーをはてなブックマークに追加  

腫瘍細胞、かなり悪性度の高いがん細胞は、増殖するのにかなりの量の栄養を必要とします。腫瘍細胞が増えて直径1ミリ以上の固まりになっても放置していると、内部に栄養や酸素が行き届かなくなり、中心のほうから死んでいきます

 

そこで、腫瘍細胞がそれ以上増殖するためには、栄養と酸素を取り込むための新しい血管を、自分の内部に呼び寄せる能力をつけていかなければいけません。これができた腫瘍のみががん化へとすすみ、急速に増えだすと考えられています。

 

血管をつくり出す遺伝子

 

一般的に血管は3層構造から成り立っています。チューブ状の構造をつくる性質をもった細胞(内皮細胞)の表面を固形分子の膜がおおい、さらにその表面を筋肉細胞が取り巻いています。 がん細胞の多くは、内皮細胞、要するにチューブをつくっている細胞の増殖を促進する物質(VEGF)をつくり出します。この物質によってがんの内部に新しい血管ができていき、がんを成長させるための栄養素を十分に送り込む準備ができます。

 

VEGF遺伝子は、ある種類のがん遺伝子がはたらくことによって、スイッチが入ることが分かっています。一方、がん抑制遺伝子の中には、VEGFが発現することを抑えたり、血管が成長しないように抑制する分子を発現させるようにはたらきかけるものもあります。

 

 

まるで増殖するためだけに生き続けているように見えるがんも、血管がなければ増殖さえできません。そこで、血管新生を止める物質を使えば、がんの増殖を止めることができるはずです。わずかな例外(ケガを治したり女性の月経の時など)を除外すれば、健康な成人であれば、必要のないときに血管が新しくつくられることはほとんどありません。

 

そのため、ベバシズマブ(商品名アバスチン)などの血管を新しくつくる作用を阻害する薬は、有効であり、尚且つ副作用が少ない抗がん剤としての期待が高まっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加