免疫不全だと細胞が成長しない

免疫不全だと細胞が成長しない

このエントリーをはてなブックマークに追加  

健康なマウスと免疫不全のマウスに、それぞれ非ウイルス性の腫瘍を植えつける実験が実施されたことがあります。このとき、単純な組織不適合ということで拒絶されてしまわぬよう、同系統のマウスから生まれた腫瘍が使われました。

 

実験の結果は、免疫不全のマウスには腫瘍はそのまま張り付いてしまい、成長しましたが、正常なマウスには腫瘍は落ち着かず、育ちにくいことが分かりました。つまり、免疫による監視が非ウイルス性の腫瘍でも適用されているということです。

 

免疫不全だと細胞が成長しない

 

しかし、免疫とがんの関係は複雑で、たとえば臓器移植などで免疫抑制剤を使っても、非ウイルス性のがんのリスクは同じだということが調査結果で報告されています。要するに、免疫力が下がっていても、必ずがんにかかりやすくなるわけではないということです。

 

また、免疫細胞ががんの内部に入り込んだ場合、がん細胞を助けることがあるのです。たとえば免疫細胞が生み出した分子が、血管の新生、がん細胞の増殖、浸潤や転移を促進したり、遺伝子変異までうながしたりするのです。つまり、がんにとって免疫は、両刃の剣にもなり得るということです。

 

 

一方免疫は、分子がもつ独自の微細な構造を見分けることではたらきます。つまり、ある種類の分子のみを見つける高い選択性の能力をもつということです。この特徴は、転移したとても小さながんを発見して攻撃する“ミサイル療法”や、ある分子のはたらきだけを妨げ、副作用のあまりない治療薬を開発するためにはとても魅力的です。

 

たとえば、血管新生の項目で述べたVEGFの作用を妨害する抗体(ベバシズマブ。商品名アバスチン)が効くことはすでに分かっています。現在この薬は、投与したあとに生まれる耐性や再発などの問題について研究がおこなわれています。

 

私たちの免疫のメカニズムに対する知識が増えれば、この両刃の名剣をがん治療の道具として今までよりちゃんと使いこなせるようになるだろうと期待されています。


このエントリーをはてなブックマークに追加