がんの転移を助ける遺伝子と転移を抑える遺伝子

がんの転移を助ける遺伝子と転移を抑える遺伝子

このエントリーをはてなブックマークに追加  

もっともやっかいながん細胞がもつ性質は、細胞が体内の同じところにとどまらず、転移することです。ふつう、良性の腫瘍は固形分子の膜に包まれているのですが、がん細胞はこの膜をすり抜けて周りに広がったり(浸潤)、リンパ管や血管に入って移動し、体の全く違う場所に巣を作ったりします。これをがんの転移といいます。

 

正常な細胞は、周りの細胞や環境を侵すことなく、それらとの関係を良い状態に保ちながら組織の秩序を守っています。このとき重要な役割を果たすのが、細胞の増殖を抑える遺伝子の項目で述べた細胞同士をくっつける装置や、細胞が生み出す固形物(細胞外マトリックス)を感じ取る“専用アンテナ”です。

 

がんの転移を助ける遺伝子と転移を抑える遺伝子

 

なので、こういった物質に異変が起きると、細胞は本来いなければいけない場所が分からなくなり、組織から追い出され、ふらふらと外部に出てさまよってしまいます。組織から細胞が抜け出す行動を助けるのが、腫瘍を包む膜(基底膜)を解体する酵素(MMP)です。一度酵素によってがんを包む膜が破られてしまうと、がん細胞はその場から簡単に移動することができます。

 

ある種類のがん遺伝子は、こういった酵素の遺伝子のスイッチをONにする作用をもっていることが分かっています。人間のがんで一番数が多いものは、上皮細胞由来のがん(カルチノーマ=癌腫)というものです。

 

上皮細胞の特徴としては、細胞が並んでシートのような構造をつくり、それが管や袋の形をとることで臓器をつくり出すことです。本来、この単層シートのなかでは、それぞれの上皮細胞は隣の細胞と固く結び付けられていて、自由な動きはとれません。

 

 

しかし、カルチノーマ細胞、つまり上皮細胞からつくり出されたがん細胞は、シートから自由に脱出して動き回ることができます。このがん細胞の性質が浸潤や転移を引き起こすと考えられています。

 

組織から脱出するという性質は、本当は上皮細胞よりも間葉組織(臓器と臓器の間を埋めている組織)の細胞によく見られます。なので、上皮細胞ががん化したときに見られるこの変化は「上皮−間葉転換(EMT)」といわれています。

 

EMTは、体を生成しかけている胎児においては、正常な上皮細胞でも見られます。がん細胞と未分化細胞(幹細胞)は、いろいろなところが似ているのですが、この例もその一つだといえます。


このエントリーをはてなブックマークに追加