がん幹細胞とは何か?

がん幹細胞とは何か?記事一覧

がん幹細胞とは?

これまで、がん組織におけるがん細胞は、すべて生化学的に同じ性質をもつがん化した細胞であると考えられてきました。しかし最近、がん細胞の種類によっては、他のがん細胞とは違い、浸潤、転移、増殖の能力が長けていて、放射線治療や化学療法(抗がん剤治療)に抵抗性を示す細胞が含まれていることが分かりました。がん治...

≫続きを読む

「クローン進化論」によるガンの遺伝子変異

がん幹細胞の概念は古くからあり、腫瘍の組織学的な不均一性として、すでに19世紀にはその存在が分かっていました。そして1937年には、白血病細胞ではありましたが、1個の細胞からがんが再度構築される可能性があることが分かりました。1960年頃には、悪性奇形種(胎児の時の胚細胞のがん化)やリンパ腫の細胞を...

≫続きを読む

がん幹細胞の理論とは?

造血幹細胞がさかんに研究されはじめたのは、1990年代はじめごろです。これにより、造血幹細胞を移植することにより、骨髄を再び構築するための臨床的治療法が確立されはじめました。そしてこのとき、2つの大事な技術が開発されました。一つ目は、細胞表面マーカー(細胞表面にあって細胞の性質などをあらわす目印とな...

≫続きを読む

10万個に1個の割合で存在するがん幹細胞

普通は、正常組織に組織幹細胞がある頻度はとても低いものです。骨髄中の造血幹細胞にたとえると、骨髄細胞が10万個ある中で、たった1個しか存在しないとみられています。造血幹細胞ほどは他の臓器に関してははっきりしたことは分かっていませんが、その頻度は同じくとても低いものだと思われます。では、がん細胞にはど...

≫続きを読む

細胞周期で比較する正常細胞と癌幹細胞

そもそも正常組織の中にある幹細胞は、ほとんどのものが休んでいる状態です。ただし精巣などは例外です。精子を延々と作り続けている精巣では、精子の幹細胞は止めどなく分裂を繰り返しています。また、胎児期の組織では、組織が急に増えたり成長したりすることに対応するため、幹細胞の自己複製と前駆細胞への分化が盛んに...

≫続きを読む

がん幹細胞の薬剤の抵抗性

正常な組織や臓器から幹細胞がいなくなってしまうと、その組織や臓器は維持できなくなります。なので幹細胞は、いろいろな外的要因から身を守るために抵抗力をつけて、細胞死しないようにしています。このことから、がん幹細胞も正常幹細胞と同じように、細胞死しないようにさまざまな要因からの回避能力が高いと考えられて...

≫続きを読む

がん幹細胞の転移について

正常組織の幹細胞は、自分が生きていくための環境を探し回り、良い場所に定着(ホーミング)する高い能力をもっています。これと同じようにがん幹細胞にもそういった能力があり、原発巣のがん組織よりももっと良い環境を求めて、患者の体の中を移動します。こうした細胞は腫瘍から離れて血管やリンパ管に流れ込み、血液やリ...

≫続きを読む

幹細胞が潜んでいる場所とは?

生体内での幹細胞は、その未分化性を保つことを助けてくれて、その上自己複製を誘導してくれるような細胞を適した場所として棲息しています。その未分化性や、自己複製の力を発揮できる領域のことを“幹細胞ニッチ”とよんでいます。英語のニッチ(niche)はもともと“すきま”という意味ですが、幹細胞の研究分野では...

≫続きを読む

がん幹細胞が脳腫瘍を再発させる

胎児期の人間の脳は急速に成長しますが、脳室の神経外胚葉から血管内皮成長因子をたっぷりとつくり出して血管をつくります。神経幹細胞はこうやって作成された血管の近くに分布しています。そして、神経幹細胞の未分化性や自己複製は、その細胞の表面に現れているノッチ受容体という膜たんぱく質がはたらくことで保たれ、誘...

≫続きを読む

がん幹細胞の場所はどこなのか?

腸の幹細胞は、腸小窩(腸の機能上の単位)の中にあり、筋繊維芽細胞や上皮細胞の系統である間葉系細胞の近くで自己複製を繰り返しています。このエリアでは成長因子であるウィントが、腸の幹細胞の増殖や分化を引き起こしていることが知られています。大腸がんについては、何ががん幹細胞のニッチをつくっているのかまだわ...

≫続きを読む

がん幹細胞を死滅させる治療法とは?

がんの最新治療の研究目標として近年注目を集めているのが、がん幹細胞へのアプローチです。ただ、胎児期で自己複製を活発に行っている最中のがん幹細胞と、成体となり休眠期にあるがん幹細胞のどちらにアプローチした治療がよいのかは、未だ専門家の間で議論となっています。体に休眠中のがん幹細胞が潜んでいる場合、一見...

≫続きを読む