がん幹細胞とは?

がん幹細胞とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

これまで、がん組織におけるがん細胞は、すべて生化学的に同じ性質をもつがん化した細胞であると考えられてきました。しかし最近、がん細胞の種類によっては、他のがん細胞とは違い、浸潤、転移、増殖の能力が長けていて、放射線治療や化学療法(抗がん剤治療)に抵抗性を示す細胞が含まれていることが分かりました。

 

がん治療によってたくさんのがん細胞が死滅したとしても、その後にこういった治療に抵抗性をもつがん細胞が残っていたとしたら、それが再発の原因になるに決まっています。今までは、がん細胞が化学療法に対して示す薬剤抵抗性は、治療を何度も繰り返すことによってがん細胞が取得していくものと考えられてきました。

 

 

もちろん治療薬に対して、そういった反応を示す細胞が出てくることは十分に考えられますが、最近では、がんの原発巣の中にすでにこのような治療抵抗性がある細胞が存在していることが分かってきました。

 

正常な組織で薬剤抵抗性をもった細胞というと、種々の臓器や器官にある組織幹細胞です。この幹細胞は長い間生存し、自分と同じ細胞に分裂する能力(自己複製能)をもっていて、またその組織の成熟細胞へと分化する力、つまり分化の最終段階に到達する終末分化能をもっています。

 

がん幹細胞とは?

 

こうやって分化した細胞は、そのうち細胞死(アポトーシス)をすることになります。なので組織の幹細胞は、こういった終末分化細胞を続けて供給していく必要があるのです。幹細胞が細胞死してしまうと、正常な組織を維持するしくみがなくなるということですから、臓器不全に直結することになります。なので幹細胞は、いろいろな外的要因に対して抵抗する力をもつことにより、組織が長期的に生き続けることを可能にしているのです。

 

これは、正常な細胞についての話でしたが、がん細胞についても同じしくみが発見されました。つまり、いろいろな外的要因に対しての抵抗性が、がん組織の中にもあることが分かったのです。

 

 

このような細胞は、たった1個からはじまって、がん組織をつくっていくことができると実験で確認できたことから、「がん幹細胞(cancer stem cell)」と名付けられました。がん幹細胞という呼び名に関しては、さまざまな細胞腫に分化する能力がある細胞のことを幹細胞というので、むしろ「がん誘導細胞(cancer initiating cell)」と呼ぶほうがふさわしいという声もありました。

 

しかし最近は、種々の腫瘍組織のがん幹細胞の中には、分化をすることで血管内皮細胞に変化して、腫瘍内で血管をつくることに関係するものもあるという報告もされました。要するに、がん幹細胞は必ずがん細胞にのみ分化するのではなく、他の細胞腫への分化能もあるということが分かってきたのです。

 

 

なので、現在ではがん幹細胞という呼び名が定着しました。そこで、こちらでは「がん幹細胞説」の歴史的背景を見ていき、がん幹細胞の特徴と、それが棲息する領域として、腫瘍内の血管について説明をしていこうと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加