10万個に1個の割合で存在するがん幹細胞

10万個に1個の割合で存在するがん幹細胞

このエントリーをはてなブックマークに追加  

普通は、正常組織に組織幹細胞がある頻度はとても低いものです。骨髄中の造血幹細胞にたとえると、骨髄細胞が10万個ある中で、たった1個しか存在しないとみられています。造血幹細胞ほどは他の臓器に関してははっきりしたことは分かっていませんが、その頻度は同じくとても低いものだと思われます。

 

では、がん細胞にはどれくらいの頻度でがん幹細胞が含まれているのでしょうか?前に述べたように、白血病細胞の中ではがん幹細胞はまれな存在であることがわかっています。そして、正常組織の中での幹細胞はまれなものなので、がん組織の中でも同じくがん幹細胞の頻度が低いと見るのが一般的です。

 

 

なので、たとえばがん組織をつくっている全がん細胞の組織の中で、4個に1個ががん幹細胞だという報告がされたとしたら、そういったたくさん存在する細胞はがん幹細胞ではないはずだと言われます。

 

つまり、がん幹細胞はまれなものであるはずだという固定概念が広まっているので、がん幹細胞の数は少ないという理論から大きくはずれた内容の発表が行われたとしたら、きっと受け容れてもらえないでしょう。しかし、本当のところはどうなのでしょう?

 

10万個に1個の割合で存在するがん幹細胞

 

たとえば、大勢の研究者が同じがん細胞株を使って、同じ表面抗原に対する抗体を使い、細胞を分けて区画・回収し、それを免疫不全マウスに植えつけたとしても、がんが発生する確率は研究者によって違うはずです。どうしてこのような矛盾ができるのでしょうか?

 

それに対する確実な答えはありませんが、ひとつの可能性として、がん組織とがん幹細胞の状態の違いがあげられます。普通に考えると、がん組織の中に存在するがん幹細胞は1種類のみですが、もしかしたらがん幹細胞は、同じ患者の腫瘍組織の中でも複数存在するかもしれないのです。

 

 

そして、そういったがん幹細胞は、いつも一定の割合で同じ生物活性をするとは考えにくいので、接着能、運動能(浸潤/転移能)、ほかには増殖能(自己複製能)に差がある可能性が高いのです。

 

なので、研究者によってがん幹細胞の研究結果が違うのではないかと考えられています。なので、現在はがん組織に含まれているがん幹細胞の数に関しては、定説のようなものは存在しないのです。がん幹細胞は、現時点ではがんの進行度や、がんの種類、個体差、腫瘍内の場所の違いなどによってばらばらに存在するものだと考えたほうが良いかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加