がん幹細胞の薬剤の抵抗性

がん幹細胞の薬剤の抵抗性

このエントリーをはてなブックマークに追加  

正常な組織や臓器から幹細胞がいなくなってしまうと、その組織や臓器は維持できなくなります。なので幹細胞は、いろいろな外的要因から身を守るために抵抗力をつけて、細胞死しないようにしています。

 

このことから、がん幹細胞も正常幹細胞と同じように、細胞死しないようにさまざまな要因からの回避能力が高いと考えられています。実際に、乳がんの幹細胞も、他のがん細胞に比べて化学療法や放射線治療に対しての抵抗力が高いことがわかっています。

 

がん幹細胞の薬剤の抵抗性

 

これまでにほかにも、脳腫瘍細胞の中のがん幹細胞が放射線に対して抵抗を示すことや、固形がんではないですが、慢性骨髄性白血病の白血病幹細胞の抗がん剤イマチニブに対する抵抗性や、Tリンパ球性白血病の白血病幹細胞の治療抵抗性なども発見されています。

 

こういった治療抵抗性については、前に述べたように、がん幹細胞が休眠状態にはいっていることがその原因になっているという考え方のほかに、別の原因も考えられると指摘されています。

 

 

たとえば細胞内に入った薬剤を外に出そうとするポンプ作用(多剤耐性因子)や細胞死をさせないためのたんぱく質が現れたこと、それに、DNAが傷つかないように抵抗性を示している──損傷に対する高度なDNA損傷修復機構をもっている──などです。

 

ただし、がん幹細胞それぞれで、その治療抵抗性に関係する分子のはたらきは違うと考えられています。なので、それぞれのがん幹細胞に共通する治療抵抗性がどういったしくみによるものかは、現在では明らかになっていません。


このエントリーをはてなブックマークに追加