ガンの発生の仕組みとは?

ガンの発生の仕組みとは?記事一覧

60兆の中のたった1つのガン細胞

一般的にがんと呼ばれる、悪性腫瘍は、人の中にあると言われている60兆の細胞の中の、たった1つの細胞が劣化しておこる病気です。本来、人の中の細胞は、決められた場所でそれぞれの役割を果たしています。ですが、その中の1つでも異常をきたすと、それがガン細胞となり、脳からの命令を無視し繁殖を繰り返していきます...

≫続きを読む

正常な細胞の増殖とは?

成人の体を構成しているほとんどの細胞は、静止期という状態にあります。増殖するわけでもなく、ただ生きているという状態ですね。細胞の中でも、神経や筋肉の細胞は、一生の内で一回も増殖しないことは誰もが知っています。筋肉を鍛えてムキムキになるのは、あくまでも増殖しているのではなく、細胞一つ一つのサイズが大き...

≫続きを読む

細胞周期の仕組みについて

細胞周期と呼ばれる、細胞が分裂する一連の周期を解明したものがあります。そして重要なのは、S期とM期です。DNA合成期というのが、S期のことです。これは分裂する最初の手順で、細胞の染色体がコピーされていきます。そして、とても重要な中心体と呼ばれるものもコピーされていきます。分裂期はM期のことで、倍にな...

≫続きを読む

細胞周期の駆動について

細胞周期には、アクセルとブレーキが存在し、タンパク質がその役割を行っていることがわかってきています。アクセルの役割を担うのは、サイクリンとCDKという2つのタンパク質です。キナーゼという酵素が含まれているCDKはサイクリンと結びつくと、アミノ酸とリン酸を発生させます。細胞周期になるとこの2種類のタン...

≫続きを読む

細胞周期に異常が起きた時

細胞周期には、それらを監視するチェックポイントなるものがあります。ビール工場に例えて、チェックポイントの説明をしていきます。監視係は監視室からモニターを見ています。何も問題が起きていない時には、見ているだけですが、万が一、瓶でも割れたりした時、監視係はスイッチを切り替え、ビール瓶の製造を停止させます...

≫続きを読む

細胞分裂の異常とガン細胞について

DNAが損傷したときチェックポイントだけでなく、紡錘体チェックポイントなるものもあります。紡錘体とは、細胞がわかれるとき染色体を均等に細胞へ分けていくものです。紡錘体は、ふだん細胞内に存在しませんが、細胞分裂の時に出現します。染色体はS期に2倍に増えていきます。そしてM期では、中心に紡錘糸がひっつい...

≫続きを読む

ガン細胞の進行段階とは?

細胞は秩序を守るために、様々な機能があります。そのためガン物質の攻撃があっても、すぐに病気になるわけではなく、何度も何度も壁を超えられて悪化していきます。細胞の正しい機能をだんだんと失っていき、発がん、がん、悪性ガンへと進化していきます。ある学者が、大腸がんは、正しい細胞が様々な段階をこえていくとい...

≫続きを読む

がんを防ぐための生活習慣とは?

何かによって損傷が生じて、細胞周期をコントロールできなくなったものをがん細胞といいます。です、ががんは親から子へ遺伝する遺伝性疾患ではないのです。遺伝性疾患は、その病気になりやすいように、遺伝子にもともとなっているのです。それに対してガンは、患者の遺伝子がもともと変わっているわけではなく、がん細胞と...

≫続きを読む