60兆の中のたった1つのガン細胞

60兆中のたった1つの細胞ががん化する

このエントリーをはてなブックマークに追加  

一般的にがんと呼ばれる、悪性腫瘍は、人の中にあると言われている60兆の細胞の中の、たった1つの細胞が劣化しておこる病気です。本来、人の中の細胞は、決められた場所でそれぞれの役割を果たしています。ですが、その中の1つでも異常をきたすと、それがガン細胞となり、脳からの命令を無視し繁殖を繰り返していきます。そして、他の細胞を壊していき、やがては人を殺してしまいます。

 

例えば、今地球の人口は70億人と言われています。その地球が9000個あれば、人間は60兆に達します。その中の一人でも謀反すれば、あっという間に60兆の人々が滅んでしまう。つまり60兆のたった1つでも異常をおこしてしまうと大変な事になってしまうことがわかったでしょうか。

 

60兆の中のたった1つのガン細胞

 

そういえば、「がん」とも「癌」ともきいたことがあると思うのですが、医学ではまったく違う意味を持っています。「癌」という漢字で表されたものは、上皮細胞という体の表面を覆っている細胞が、がんになってしまった。つまり癌腫ということです。上皮細胞のがんは、食道、胃、大腸、乳、肝臓、膀胱、子宮などのがんです。ですから、このようながんの時は、漢字表記を利用してます。

 

筋肉や骨、リンパ球、血液細胞など上皮細胞が原因ではないがんは、ひらがなやカタカナで表記されます。がん細胞が、正常細胞と何が違うのかまとめてみました。

 

  1. 死ぬことがなく、周囲の細胞を無視して、繁殖を続ける。
  2. 姿形が異常で、ちゃんとした役割をしないため、組織がうこかなくなる。
  3. 細胞が分裂するたびに、染色体が不安定になっているので、間違ったものが遺伝していき、蔓延する。
  4. 悪性化すると、すべての組織に潜むようになり、全身に増えていき、すべての臓器を動かなくする。

このエントリーをはてなブックマークに追加