がんを防ぐための生活習慣とは?

がんを防ぐための生活習慣とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

何かによって損傷が生じて、細胞周期をコントロールできなくなったものがん細胞といいます。です、ががんは親から子へ遺伝する遺伝性疾患ではないのです。遺伝性疾患は、その病気になりやすいように、遺伝子にもともとなっているのです。

 

それに対してガンは、患者の遺伝子がもともと変わっているわけではなく、がん細胞として異常に増えてしまった1つの細胞だけが変わったしまったものです。だから、親から子へ遺伝していくわけではないのです。

 

 

ですが、変わりやすい遺伝子もあって、それを遺伝して刺激をうけてがん細胞に変化するものもあり、がんになりやすい体質が遺伝してしまっただけのことです。だったら、がんにならないようにすればいいのです。傷を治す能力や免疫によって、がん細胞を駆逐する能力を高くしましょう。

 

DNAを傷つける物質が、体の中に入らないようにするようにすればいいのです。まず、口から入る食べ物の中に、DNAを損傷させるものを食べないでおきましょう。日本で許されている添加物、防腐剤それから農薬は政府の機関によって試験を行っているので、損傷させるものは入っていないはずなので大丈夫です。

 

がんを防ぐための生活習慣とは?

 

ですが、例外というものがあります。発色剤や防腐剤として利用されている、亜硝酸ナトリウムというものがあります。食中の色素を反応させ安定することで、肉の赤身を綺麗に保つことができるため亜硝酸は発色剤として利用されます。

 

亜硝酸は、DNAを損傷させると教科書に書いてあるほど、危険な物質として知られています。ですが利用されているのを許可されています。肉に含まれる動物性タンパク質が分解した時にジメチルアリンが発生し、亜硝酸と反応すると、発がん物質ができることもよく知られています。

 

 

じゃあ、なぜ亜硝酸は許可されているのでしょうか。理由の一つは、亜硝酸はボツリヌス菌という食中毒の菌を抑えます。ボツリヌス菌は自然界で最強の毒を持っていると言われています。

 

ですから、発色を使わないハムなど、死ににいくようなものです。事実ヨーロッパの自家製ソーセージで死亡者が出ています。即効性があるのでガンとはまたちがった怖さがあります。さらに野菜には硝石が大量に含まれていて、唾液によって亜硝酸になります。でも亜硝酸に発ガン性があるとは言われません。

 

 

しかし、特定の野菜の亜硝酸とタンパク質が組み合わさったニトロソアミンは、動物性タンパク質でできるものより遥かにやさしいものです。それに腸内に存在する時間も野菜は少ないので安心できるでしょう。

 

最近は食文化は洋食へと変わりつつあります。肉が増えたので大腸がんが増えたとも言われています。が肉を食べるから悪いとい訳ではありません。発色剤の亜硝酸が悪いのです。

 

さらに、輸入された果物には防カビ剤や殺菌剤などの発がんのリスクも疑問に持たれています。何をいつ食べるかなんて個人の自由です。食に対しての関心やリスクを意識するかどうかがこれからの重要な課題になるのではないのでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加