細胞周期の仕組みについて

細胞周期の仕組みについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

細胞周期と呼ばれる、細胞が分裂する一連の周期を解明したものがあります。そして重要なのは、S期とM期です。DNA合成期というのが、S期のことです。これは分裂する最初の手順で、細胞の染色体がコピーされていきます。そして、とても重要な中心体と呼ばれるものもコピーされていきます。

 

分裂期はM期のことで、倍になった染色体が中心体から配置を読み取り、均等に配置されていきます。そして細胞が分裂して2つの細胞、娘細胞が生まれます。それから、S期とM期の間にはG1期、G2期と呼ばれる待機している時間があります。なのでG1、S、G2、M、G1と言った感じに繰り返していくのです。これが増殖の手順です。この手順はたとえがん細胞であっても、普通の細胞であっても変わることはありません。

 

細胞周期の仕組みについて

 

しかし、細胞周期が止まってしまうこともあります。そしてそれを知るには、スタートであるR点を知ることでわかります。RはG1とSの間にあります。R点は細胞周期の関所ともいえます。そこで増殖因子などを確認して次の増殖をするかどうかを決定します。

 

1個の細胞が増殖を永遠に行うと、大変なことになってしまいます。ですから、RでSに進めという命令がない限り、静止期で増殖しないということなんです。しかし、留まることができるのは、Rだけ。そこを越えてしまうとさっきのとおりに進行していきます。これこそが細胞周期です。


このエントリーをはてなブックマークに追加