腫瘍を分類する方法について

腫瘍を分類する方法について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

いままでは、「がん(cancer)」や「腫瘍(tumor)」などの言葉をあいまいに使ってきましたので、一旦ここでくわしい話をする前に言葉の整理をしておきましょう。「腫瘍(tumor)」とよばれるのは、一般的に異常な細胞増殖をともなう病変のことです。

 

さらに、この腫瘍を分類するにはいくつかの方法があって、たとえば白血病は「血液の腫瘍」とよびますが、それ以外の肺がんや胃がん、肉腫などの腫瘍は「固形腫瘍(固形がん)」ということもあります。

 

腫瘍を分類する方法について

 

この固形腫瘍のなかで、腫瘍が1ヵ所のみにとどまっている場合は「良性腫瘍」、周りの組織まで広がっていたり、遠くに飛び火(転移)しているものを「悪性腫瘍」と分類しています。さらに、腫瘍をもとになった細胞の種類によって分けることもあります。

 

臓器の粘膜や内壁、皮膚などをおおう上皮組織からうまれたものを「癌腫(カルチノーマ」といい、間質(臓器と臓器の間を埋める組織)、筋肉、骨、脂肪組織のような結合組織からうまれたものを「肉腫(サルコーマ)」といいます。

 

 

また、受精卵が分裂しはじめのころの細胞のように、いろいろな種類の細胞を生み出す能力をもつ「胚細胞」ががんに侵された場合は、「奇形種(テラトーマ)」とよびます。すべての悪性腫瘍を総合して、細胞の種類を問わない場合の言葉としては、ひらがなの「がん」が使われることもあります。

 

病理組織診断によって腫瘍の診断はおこなわれます。やり方としては、組織の薄い切片をつくって染色し、顕微鏡でみていきます。その時にがんを形態によって分類することもあります。一般的に病名としては、がん細胞が発生した組織や臓器をもとに、扁平上皮がんとか、腎臓がん、悪性リンパ種などといわれます。


このエントリーをはてなブックマークに追加